読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的of目的

技術的な事とか趣味な事を書いて日本語の練習

Oculus Rift でポッキーゲームを作る

HMD Programming

ポッキーの日は終わってるんですけどねぇ…

背景

  • 11月11日はポッキーの日だった。
  • 素晴らしい画像がTwitterTumblrで公開されていた。 ぴょんぴょん!!
  • せっかくOculus Riftを購入したので公開できるアプリケーションを作りたい。
  • 対外発表に疲れて「こころがぴょんぴょんするんじゃあ~~~~!!!!」な逃避をしたかった。

必要なもの

  • Unity Free

OVR 0.4.3でついにUnity Freeでも、Oculus Rift開発が出来るようになりました!! 素晴らしいですね。

f:id:moyashiki:20141114015553p:plain

すんごい可愛いですし、ライセンスも使いやすくてとっても大興奮です。

  • Unity C# Scriptな知識

私のスキルは1ヶ月Unityに触れたぐらいです。ゲームプログラミング経験が無くても良い感じに作成できるので、Unity素晴らしいですね。これから完成度を高めていきたいと思います。

作成結果

f:id:moyashiki:20141114015807p:plain

https://dl.dropboxusercontent.com/u/4516907/niconi_pky.rar

キャラクターが中に浮いていたり、T字スタイルで直立してたり、座った環境でしか使えない、などいろいろと雑な造りはありますが公開します。

本アプリケーションは、ポッキーを咥えてキャラクターに近づくと、頬を赤らめてくれますので頑張ってください。

椅子に座った状態でご使用ください。マネキンがあれば、 マネキンにポッキーを刺して使用するのも捗ると思います。

f:id:moyashiki:20141114020325p:plain

MMD4Mecanimはちょろちょろ(自分の欲求を満たすために)使っていましたので、表情の変化のさせ方とかが分かる様になりましたが!! ニコニ立体ちゃんは、まったく違う仕組みで制御されてました。 Javascriptで表情制御がサンプルで付属していたので、参考にしてC#で書きました。

次に公開する場合は、時間経過でなめらかに表情が変化するように作成したいですね。