読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的of目的

技術的な事とか趣味な事を書いて日本語の練習

CUDA サマーキャンプ レポート

CUDA Programming

404 Not Found
行ってきましたよ、CUDAサマーキャンプ!!
奈良から夜行バスを使って、27日の夜から。


さて私、初めての東京だったわけですが。
とりあえず朝の7時頃に着いたわけなんですが、とても暇だったでござる。
お店もいまいち開いているわけでもないし、東京に友人もいるわけじゃないので時間を潰すところがなかった。


とりあえず会場のすぐそこにあったスタバで時間を潰してました。
会場はATT新館の13階。普通にオフィスなので、学生の私には全く縁のないところで、すこし緊張したでござる。
というか、受け付け開始の時間よりすこし早めに行ったのに結構な人数が席に座っていましたね。


まず始まってnVidiaのお方が挨拶を。そこで言われた「Cudaを使う高校生なんていないのだから是非頑張って欲しい」みたいな言葉を聞いて
この勉強会に行けてホントに良かった、とまだ何も始まってないのに思う。つくづく自分は軽いのか心が緩いのか…


次にはGPUで何をしているのか?その変わりようについてのお話ですね。
すごく難しい話が出てきて、すべては理解できなかったけど、ぼんやりとは理解できた感じですね。
でもこの記事に文として書けないって事は理解できてないのかなぁ?
とりあえず3Dグラフィックの基礎で、何をGPUをやらしていっているかとか。光の当たり方を計算させるときに顔のモデルから大量の法線ベクトルが出ていたのは少し吹いたww
あとCPUは4コアぐらいしかないけど、GPUは100コア近くあるんだぜ!!ははっワロスワロスみたいなこととか。


意味不明すぎ


ちょっと休憩が入って、次はnvidiaの人じゃなくて、FIXSTARSの人に。
まずはマルチコアの概念について。
そこで並列化についても。アムダールの法則とか全く知りませんでしたね。並列にできるところは全てやらないと効率が上がらないんだそうで…
そして導入事例とか。スパコンに入れて、にゃんにゃんするよー(^o^)/電力がTeslaだと少なくてメシウマだそうで


ここでお昼ご飯タイム。ピザですよピザハットのピザ。種類とか全く分からないけどとりあえずいっぱい食べておきましたね。
そしてレクリエーションタイムも兼ねているわけですよ!!後ろでTwitter-erが集まっていたのでとりあえずお話してました。
でも意外とTwitter-erが少ないですね。全体の1/3ぐらいやっているものかと思っていたんですけどね。
あとWMな携帯持っている人も多かったですね。アドエスとか


ご飯タイムが終わると、ついにCUDAプログラミングの概念とか基礎ですね。高校生の例えで説明されていたのですが、すごくわかりやすいですね。
だが、現実はそう甘くないんだよ…


次に、演習タイム。5人ぐらいの班に分かれて実際にCUDAのプログラミングをやってみましょうという事。
3問あり、どれも画像の処理。確かに画像の処理だと効果がわかりやすいですしね。だが全く分からない…説明を聞いていたけれど、実際にコーディングしてみるとよくわからない・・
もっと予習してくれば良かったなあと、しみじみ後悔。


ちなみに自分の班には関東圏が多かった…というか関西圏から来たのがあまりいなかったようですね。
でもこの講習は遠方から来る価値があると思う。たとえ全く問題が解けなかったとしても。


班には1台PCが割り当てられているのだけど、そこに積まれているVGA
8800 ultra
最初は自分、Ultraがどれ位ハイエンドなカードか知らなかったので全く気にしていなかったのですが…
さすがnvidiaさんやでええええええ。後ろのDemo機にもTeslaが積んであったようで…しかも3D Vision対応のディスプレイで。
その時聞いたんだけれども120kHzのモニターがあれば、3Dで見られると。1度自分の家でもそんなことをやってみたい…


とりあえずこんな事かと。
あとGTX285が3名様に当たります!!当たらなかったけどね!!!!
サプライズでAcer社からAspireRevoが提供されてましたね。横の人が当たっていて感動した。


もしも当たっていたらサーバー機にするかな?ちっこくてAtomだし、ゲームはあまりハイエンドなのはできそうにないしなあ。
でもBF2が動くと聞いたので、設定さえ我慢すればTF2くらいなら動くかなぁ?でもSouceEngineはCPU寄りらしいし。
でも当たってないのでそんなお話ししても意味ないですね。


もし次回またあるなら是非行きたいですね。この講習が無料っていうのはすごくおいしいと思う。
日本で初めて、CUDAの勉強を受けた身としては、この技術を使って何かを作りたいけれども、勉学が…勉学がっ…!!
というわけで見にくい文ですが参考になればと置いておきますね。主催のnVidia,FIXSTARS様、参加者のみなさま、お疲れ様でした。